肥後民通信

熊本出身者で結成したヴァイスシュヴァルツ同好会のブログです。 主に大会レポ、作成した動画の情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WGP2013トリオ環境考察

みなさんこんにちわふー(>ω<)/こばりゃふかです!

WGPも残すところ大阪1つだけとなりましたね。
2013年を締めくくる最後の大会にトリオで参加する予定となっています。

そこで今回、トリオの環境を調べてみようと考え記事を書きました。
大阪大会に参加される方は、この記事を見て握るデッキを決めたり、
入れるカードを考えたりと参考にしていただけたら幸いです!


それでは内容に入っていきましょー






まずはこちらの表を見てください。
WGP2013のトリオを岡山大会までまとめたものです。

ブログ素材2


タイトルだけで区分するだけでなく、オーダーの順番も入れてみました。
サンプルは少ないですがある程度の傾向が得られたと思うので、
その結果を考察していきたいと思います。

まずはトリオで多く使われている3つのタイトルです。
1位リライト・2位とある・3位ABという結果になりました。

この結果を見てまず思ったのが、AB多くね?でした。
今年度のネオスであまり活躍していないABがトリオでは多い。
この理由はABの抜群の安定感にあると思います。

ネオスで連続5回とかは勝てないまでも、4-1ぐらいの成績をコンスタントに残せるABだからこそ、トリオで光っているのではないかと思っています。

とあるとリライトに関してはネオスで結果を残しているので説明は不要だと思います。


次にこの3つのタイトルのオーダーを見てみましょう。
リライトに関しては赤丸で囲ってあるように中堅に出やすいことがわかります。
なので、オーダーに迷ったら1帯で10000の出力が出せるデッキにしましょうww

次にとあるですが先鋒中堅に出やすいことがわかります。
また、ABに関しても中堅が非常に多く、大将は1人としていません。

このことから、3つのトリオに多く出ているデッキは
先鋒中堅で出てきやすく、大将に出てきにくい
ことがわかりました。

では大将に出てきやすいのは何か?
表からわかるようにディスガ、アイマス、姫乃です。
特にディスガにいたっては大将でしか出てません(全3入賞中)

なので大将として出るデッキは、飛天、BK、ジュピター
2帯からの早出し、美夏等をケアできるようなデッキがいいと思います。

また、ネオスで結果を出している新聞は中堅に出てくることがなく
先鋒大将ですべて出てきています。
これは、やはり新聞が強いということから重要度の高い
大将や先鋒で出ているのではないかと考えられます。


以上が今回トリオに入賞したデッキをまとめてみた考察です。
この考察が皆さんのデッキやオーダーの手助けになれれば幸いです。

また、この記事に関する質問や意見等があったら是非気軽にコメントやツイッターで聞いていただけたらドンドン答えていこうと思います。

ここまで、長い記事を読んでいただきありがとうございます。



※このブログに書いた記事はあくまで参考程度に受け取っていただけたら幸いです。
  正直サンプルが少なすぎて傾向といっていいのかも疑問なんで(笑



本文<こばりゃふか>


  1. 2013/12/11(水) 22:54:07|
  2. 考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higomin.blog.fc2.com/tb.php/26-e86354d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。